往復

2017/11/06

f:id:miya_ma:20150607013128j:plain

しゅっとしたうなじ

あまりに運転士が綺麗だったのでずっとかぶりついていた

運転席の窓の向こうには雲が低く垂れこめていた

それは運転士の心の風景だとわかった

運転士のうなじは綺麗に刈り込まれていた

彼の存在は鋭利な刃物を思わせた

線路上に余計なものがあれば すべてなぎ倒す電車のよう

彼は

カマか カミソリの 生まれ変わりだったのかもしれない

あるいはダイソン掃除機か

だけど美しい運転士だったので ずっと見ていたくて 

ひと駅 余計に 終点まで乗ってみた

始発から終点まで ほんの20分ほどの短い線だ

終点でおそく降りたわたしの後ろから

刃物の足音がやってくるのがわかった

あの運転士のスラックスの黒が視界に入る

長そでのシャツのシワも美しく わたしの隣でいっしゅんひやりとした風を起こし

(ただものでない風!)

あっという間にわたしを追い越して

また 始発となったその車両の 

さきほどまで最後尾だった場所でいまは一番前となった場所に 

ドアも開けずにするりと入った運転士

雨音が聴こえてきた

運転士の尿が降ってきた

ああ あなたは また同じ場所を戻るのか

あなたはただ 往復しているのか

電車で20分ほどの往復が運転士の世界のすべて

そのなかで運転士は行ったり来たり

誰も俺の邪魔をすることは出来ない

むなしい 何も生まない

むなしい 何も残さない

雨が強くなってきた

ピストン運動を 繰り返していた

f:id:miya_ma:20150607014939j:plain

 

6月14日の てっちゃんイベントに向けて いろいろ作っています。

新曲「かまどん」作っているのだけど・・・どうしても歌詞が暗くなってしまいます。

あとは動画とか・・・ライブに間に合うかな?

でも創作しているときがいちばん幸せですね。うれしい。

 2週連続 蒲田Studio80に松岡が登場することになります。14日は鉄道系、21日はバンド形式・・・松岡はじつにしあわせものです。

ありがとうございます。

どっちもおすすめですよ、どうぞお気軽に★

studio80.org