f:id:natsumegu629:20170624140801j:plain

 今日は作曲テクニックの話はやめて、僕が休日なので休日に聴きたい5曲を独断で選びました。
 
これを聴きながらリゾート気分に浸り、ビールでも飲んでまったりと過ごします。
 
良い休日を。
 
 

パーシーフェイス「夏の日の恋」


A Summer Place-Percy Faith (夏の日の恋)

有名な映画「避暑地の出来事」のサウンドトラック。休日感はんぱない!!
どこかで必ず聴いたことあるはず。
 
 

アントニオ・カルロス・ジョビン 「3月の雨」


elis e tom - aguas de março

ボサノバの巨匠の名曲。聴いてると気持ち良いけど演奏すると難しいんだよなぁ。
 
 

マーティン・デニー 「クワイエット・ビレッジ」


Martin Denny - Quiet Village (1957)

エキゾチカという言葉がマーティンデニーの作品によって生まれました。
特徴としてリゾートで聴くような音楽に、サウンドスケープで鳥のさえずりなど自然の音がミックスされています。
 
 
 

ワルター・ワンダレイ「サマー・サンバ」


Walter Wanderley Rain Forest

ブラジルのジャズオルガン奏者によるスタンダードボサノバ。特徴的なオルガンの音色がなんともリゾート。
この曲に限らず「レイン‥フォレスト」というアルバムは僕にとっては休日感満載。
 
 

アルマンド・トロヴァヨーリ 「女性上位時代」


Armando Trovajoli La Matriarca (slow theme)

イタリア映画「女性上位時代」のサウンドトラック。
ラウンジと呼ばれる音楽ジャンルの代表格。この曲もいろんなバージョンがありますが、僕にはこのバージョンが休日にはぴったりです。
 
おわり